als20170208’s diary

近況と日々の記録。

関西遠征㉘。

8月27日(日)。


13:40


移動。


戸川くんのガイドで、引き続き市内を観光。


有名な人気カバン屋さんの前を通過。


コチラのカバン屋さん、経営を巡って兄弟喧嘩が発生し、お家騒動で世間を賑(にぎ)わしたらしいです。

で、↑ 弟さんが勝利したみたい。


負けちゃった、お兄ちゃんの店舗がコッチらしい。↓





この辺りで、降りるみたい。



後輩の戸川くんに、アノ橋を渡ってみろって言われた。



アカン、ぜんぜん恐くないねんけど脚が強張(こわば)って動けへん。


いやいや、ホンマやって、病気やから身体が硬直して思うように動けへんねんて!



こんな橋、健常やったら " ケンケン " でも " スキップ " でも渡れるわ!


えっ?


傍(かたわ)らで戸川くんが、ごちゃごちゃ言わんと早よ渡れやぁ、って顔してる。




と、戸川くん御免なさい、ギブアップや、ホンマに身体が動かん。






僕の代わりに、カミさんが・・・。



ぜんぜん、アカンみたい。


ヘタレ夫婦。






移動。




戸川くんが、丁寧に色々とガイドしてくれてたけど全然覚えてないわ。





あー、降りるん。



ん? あー、僕そういうの、全く興味ないわ。



カミさんは高校生の頃、紫式部(むらさきしきぶ)のファンだったらしい。


へぇー、キミ、ちょっと変わってるなぁ。


戸川くんとカミさんの会話を聞いてたら、なんか蕁麻疹(じんましん)出てきそうになった。



紫式部って、歴史とか国語の時間に出てきたヒトやろう、古文とか絶対ないわー。


だから、なんやねん、って話ばっかりやん。


しかも、歴史なんかウソかホンマか分からへんやん。


そもそも、そんな何百年も前のコト、誰も目撃しとヒトなんかおらんやんかぁ。


せいぜい、二百年前くらいまでやでぇ、リアリティあるんわ。






で、桔梗(ききょう)ってナニ?



あー、花か。



もぅー、そんなん一々(いちいち)入らんでエエッて。



僕、ぼちぼち、おなか空(す)いてきたでぇ。