als20170208’s diary

近況と日々の記録。

ミラノサンドA。

2018年3月8日(木)


12:50


治験のための検査と診察を受けるために山大病院に行って来ました。



2Fへ。




事前に自宅で採ってきたオシッコをカップに入れて男性用のトイレ内に提出します。

続いて、採血します。




お次は、肺活量の検査です。

IN。




14:00

昼食を兼ねて、病院内の2階にテナントで入っているコーヒーショップへ行ってきました。

検査を一通り終えたあと、フィコンパの治験を担当されているK先生による診察を受ける予定なのですが、本日は患者さんが多いみたいで現状だと待ち時間が一時間以上あるそうです。

きたきた。


こちらのコーヒーショップチェーンでなにか食事をいただく際は、僕は昔からミラノサンドの〝 A 〟ばっかりです。

中身の具材には、申し訳程度で僅かばかりのレタスの上に、①生ハム ②ボローニャソーセージ ③ボンレスハムといった、塩分多め&カロリー高めの三種類の加工肉が挟まれております。

なんとも肉肉(にくにく)しくてジャンキーな、僕好みのサンドに仕上がっています。

カミさんは期間限定商品のローストビーフとローストチキンの両方が入ったサンド。

では、頂きます。



⁉︎


グキッ、、、!!



あーー、ショックやぁ。

差し歯がとれた。



15:15

IN。


あーぁ、明日から大阪やのになぁ、新幹線乗る前に歯医者さんに行かなあかんなぁ。



呼ばれました。




↑ コチラは筋肉が壊れた際に数値が上昇する血液中の物質を時系列でグラフ化したものだそうです。

健常な方でも検査日に近い日、例えば前日などに激しい運動をした場合には数値が上昇するそうです。↓


300オーバー、筋肉が壊れているみたいですね。

あれぇ、最近なんか運動したかな?






↑ コチラは肺活量等の数値を時系列でグラフ化したものです。右肩下がりですね。↓

↑ 一年半前、2016年9月に検査した際の数値と比較してみると、随分と肺の機能が低下していっていることがよく分かります。↓


過去に喫煙歴はあるものの、幼少期から学生時代にかけて競技種目は異なれど途切れることなくスポーツを継続していたお陰か、元来の肺活量については貯金があったようです。

今から一年前、昨年2017年2月頃までは同年齢の平均値よりも20%近く上回っていました。



貯金のお陰か、現時点での肺機能については正常値の範囲内に収まっていました。



次回の治験の診察はひと月後。

治験薬を頂きました。