als20170208’s diary

近況と日々の記録。

近況(平成30年7月24日の続き)。

【 三日前 】平成30年7月24日(火)

15:40

所用を済ませた後、病院に行ってきました。


現在、治験に参加しているため、本日は各種の検査と担当のK医師による診察があります。





自宅で採取してきた尿を提出した後、採血と肺機能の検査を行い、その結果を受けて、最後に診察があります。

治験の診察については、上・下肢の筋力と腱反射の亢進具合を診て頂き、併せて日常生活上での動作を例に出し、その質問に回答する形で身体機能の現状の確認が行われました。

また、毎回のことですが、コロンビア自殺評価スケールのアンケートについても回答し、最後は本日行われた各種の検査結果に関する説明を受けました。


《 日常生活上での動作確認について 》

Q1. お箸やスプーン、またはフォークなどを使って、食事はご自身でできますか?

→ A1. いいえ。食事の際は全て妻に介助してもらっています。


Q2. 食事の際、飲み込みづらさはありますか?

→ A2. いいえ、今のところありません。


Q3. 衣服の着脱はご自身で可能ですか?

→ A3. いいえ。入浴時やトイレの際に下着(パンツ)を下ろす動作以外は自分ではできないので、全て妻に介助してもらってます。


Q4. 階段の登り降りはできますか?

→ A4. はい。近頃は階段の利用を避けているので実際のところは分かりませんが、時間をかけてゆっくり慎重にすれば、たぶん大丈夫だと思います。


Q5. 寝返りは打てますか?

→ A5. はい。今のところ大丈夫ですが、以前よりも時間が掛かるようになりました。


等々、上記のような質問項目が、10コ程度あったでしょうか。


自殺に関するアンケートの内容については毎回同じです。要は、自殺願望やその気(ケ)があるか否かを探るような趣旨の質問です。

勿論、僕には今のところ、その気は全くと言っていい程ございません。


最後に検査結果に関する説明を受けました。

いずれの検査も現時点では深刻な問題はないようでしたが、僕的には、やはり肺機能の数値が少しずつではありますが、検査のたびに毎回落ちてきているので、良い気はしないと言うのが正直なところでしょうか。


【 ↓ この度の検査結果 】
* 興味のある方は、拡大して見て下さい。








K先生、ありがとうこざいました。





【 昨日 】平成30年7月26日(木)


ん?


なんて?


朝、カミさんの元へ、なにやらメッセージが届いたようです、、、





8:35

リハビリを受けるために、宇部記念病院に行ってきました。

いつもは火曜日なのですが、今週はカミさんの仕事や山口医大での検査等が重なってしまい、無理を言って木曜日に変更して頂きました。

IN。

リハビリ終了後、久しぶりにT先生による診察を受けました。

現在、山口大学病院で継続して行われているラジカット治療や治験の進捗状況、そして、体調に関する近況等について報告しました。

くれぐれも、自宅で一人でいる際には熱中症に注意するようにと言われました。

T先生、ありがとうこざいました。





【 本日 】平成30年7月27日(金)


藤田くん、仰せの通り本日の便で奥様のご実家の方に送っといたからね。

明日到着予定らしいから、宜しくやで。

ほな、またね。