als20170208’s diary

近況と日々の記録。

近況(第19クール、終了)。


【 一昨日 】平成30年8月16日(木)

10:50

点滴終了後、主治医のH先生による診察。

まずは、ここ一カ月程度の間に、これまでになかった変化が自覚症状として現れ始めたので、そのことついてH先生に報告。

いよいよ、お口周りがポンコツになってきた。

顎(アゴ)の周辺の筋力が落ちてきたのか、食事の際、咀嚼(そしゃく)するのに、これまでよりも時間がかかるようになってきたことは前回の診察時にもお伝えしましたが、これと併せて、次の三点が新たに現れ始めました。

1. ドリンク類の液体や汁気のある麺類を飲み込む際には全く感じませんが、それ以外の固形物の場合は、噛み砕いた後これを飲み込もうとする際に、喉(ノド)に引っ掛かるような感覚があること。

あっ、頂いているお薬を飲み込む程度であれば、なんの問題もありませんし、飲み込み辛いという程の、辛(ツラ)さも今のところはありません。

2. 涎(ヨダレ)が垂れるという程ではないが、無意識の状態からふと気がづけば、口の中で唾液が停滞していると言った事態が頻繁に起こるようになったこと。

3. 発話し辛い瞬間が、ごく稀にあること。
ただし、現在のところ、例えば、さ行、ら行が特に言い難いとか、この単語がスムーズに話せないとか、具体的なことまでは把握できていません。


あーん。


口を大きく開けて、念のため舌から喉の周辺を先生に診て頂きました。

当然ですが、今このタイミングでは、目で見て認識できるような萎縮等の変化はありませんでした。


H先生によると、現在行なっているリハビリと併せて、そろそろ、言語聴覚士(ST)によるリハビリを始めてもよい時期かもしれないとの事でしたので、来週、リハビリで宇部記念病院へ伺った際に、担当のT先生に相談することにしました。


続いて、先月下旬に行った肺機能に関する検査結果について。


肺活量については、4,000cc(4L)近くあるので、直ぐにどうこうというような状態ではなく、また、今年の2月時点からの経過を見ても急激に低下している訳ではないので、当面の間は心配無用とのことでした。


診察の最後は、このブログについて。

以前よりも、更新のペースがダウンしているとは言え、最近の投稿記事を見ていると長文の回が増えたような気がするが、手が不自由なはずなのにどのようにして記事を書いているのか?先生より、お尋ねがありました。


これについてお答えさせて頂きますと、まず、使用している道具については、スマートフォンiPhone )が一台だけです。これは、ブログを開始した当初より変わりありません。

次に、画像を多用しておりますが、このブログに使用している写真画像については、一部の自撮り写真を除いて、現在は、ほぼ全てカミさんに撮ってもらってます。

で、肝心の文章の文字入力については、利き手である右手の人差し指、中指、薬指、小指の四本が常時折れ曲がったような状態で、思うように動かせないため使いものになりませんので、右手の親指一本で、指を真っ直ぐ伸ばして右腕全体に力を入れながら打ち込んでいます。


【 ↑ 親指はこれ以上、上方向には立ちません 】

ブログ記事の作成方法については、以上です。



あーー、忘れていた訳ではないんですが、、、

車椅子の件は、まだエエかなぁと思って、このひと月の間、何も調べてませんでした。

すみません、そろそろ本気出して調べます。

H先生、有難うございました。
失礼します。






【 昨日 】平成30年8月17日(金)

9:00

あっ、そうそう、前々からなにげに気になってたんですけど、彼は ⬇︎ 山口県ゆるキャラ〝ちょるる〟なんでしょうかね。



あー、本物と比べて見たら全然違うな。



向かって左側⬆︎が、本物。

ラジカット点滴、第19クール十日目、最終日。

効きますように。





うわぁ、なんじゃコレ⁉︎


なにが、「 今年もちょるると♡ 」やねん!


アホか、ボケっ!


なんやねん、コレ→ ♡


この日、オレの晩ご飯なかったやんけ!





点滴が始まり、FBフェイスブックを覗いていると、、、








写真は向かって左側から、カミさん、山口県ゆるキャラ『ちょるる』、そして右側は、今年2月に行われた山口県知事選挙で圧勝して再選を果たし、現在は二期目(5年目)を迎えている村岡山口県知事。

毎年、8月15日(終戦記念日)には、地元宇部に帰省している卒業生が多いことから、高校の同窓会が卒業年次を跨いで全てのOB、OGを対象として盛大に開催されているそうです。



ラジカットによる点滴治療の第19クール目、全10回が、本日滞りなく終了しました。