als20170208’s diary

近況と日々の記録。

阿蘇、再訪【前編】。(近況)

10/14(日)〜15(月)、一泊二日の日程で熊本県阿蘇市に行ってきました。





平成30年10月14日(日)


10:15

あー、はいはい。


はい、カメラ目線。

もう10時過ぎたで、早く出発しようや。


13:30

山口県宇部市からだと道路距離にして、約250kmの道のり。時間にすると車で約三時間半。この内、最寄りのインターチェンジを降りてから目的地の温泉旅館までは、一般道で53km(約一時間半)。

【 ↓ 温泉旅館の公式ホームページ 】
https://onyado-ogasawara.com/

こちらの温泉旅館を初めて訪れたのが、今年の六月下旬頃。カミさんとハルが気に入ったようなので再訪しました。









こちらはメインのドッグランスペースとワンちゃん用のプールが隣接しています。

プールに関しては、小型犬の利用客が多いことから事故防止のためか、浅めの設計になっており飛び込みなどができず、ハルには物足りないかもしれません。

車でアクセス可能な範囲で、ワンちゃん用のプールが併設された宿泊施設を、うちのカミさんがずっと探していたのですが、ネットの情報だけでは、こちら以外に見つけることができませんでした。

僕が病気になる以前は、自宅から車で20分くらいのところに、人の気配が全くない秘密の河原があったので、よくその川で思う存分に泳がせてたんですけどね。

このラブラドール・レトリーバーは、あらゆる犬種の中で最も泳ぐことが得意なワンちゃんなので、本能的に水遊びが大好きです。

彼が、まだ生後半年くらいだった頃、初めて海(宇部市西岐波の白土ビーチ)に連れて行った際には、砂浜に打ち寄せる波を見るなり、なんのためらいもなく突進していったので、カミさんと二人でビックリしたことを覚えています。

打ち寄せてくる波に向かって犬かきっぽい動作をし始めたかと思うと、10分も経たないうちにコツを掴んだのか普通に泳ぎ始めました。

その様子を見た時には、この犬種のポテンシャル(潜在能力)の高さに感心致しました。

この頃は、まだ、ハルがこの先将来どんだけ賢いワンちゃんに成長するのだろうかと、その可能性にワクワクしていました。



ワンちゃん用プールの周辺には、赤トンボをはじめとする数種類のトンボがたくさん飛んでいました。





⁉︎


アッ。


僕「 コラッー、あかんぞ!」


カミさん「 ハル、やめてぇー!」




『 ポチャン 』



あーーッ!

・・・・・ 。





下ろして間もないカミさんのスニーカーが、
アホ犬の仕業で水浸しになっちゃいました。

このアホっ!





⁉︎

あー、冷たい、風邪引くやんけ!

コラッ、このバカ犬!

なんで、わざわざ僕の前まで来てからぶるんぶるんするねん。

濡れるやんけぇ、ボケっ!






つづく。