als20170208’s diary

近況と日々の記録。

平成31年四月、第1週目。

日常生活に看護師さんや作業療法士さんに介入してもらうようになり、早いものでひと月以上が経過しました。この四月からは、定期的にひらき内科より往診に来ていただくようになり、また、長らく懸案だった歯医者さんに関しても、自宅に来て治療していただけるところに変更しました。

そんなこんなで人の出入りも激しくなり、ボク自身は家でじっとしているだけなので、決して忙しい訳ではないのですが、毎日、誰がしかの来訪予定があると不思議なもので、さも自分が忙しいかのような錯覚に襲われてしまいます。

気がつけば、平成の時代も残すところあと十日ほど・・・

ボーッ、としてる場合やありません。

取り急ぎ、今月、一週目の様子から記録していきたいと思います。





平成31年4月1日(月)

<本日の主な予定>
・デイサービスを利用して入浴。
・訪問リハビリ。

入浴後、デイサービスの職員の方に誘われて、大正時代から昭和の初期頃にお生まれになったお姉さま達と一緒に、テレビの中継を通じて記念すべき新元号の発表を見届けました。





2日(火)

<本日の主な予定>
訪問看護

昨日、作業療法士のIさんから頂いた透明文字盤を使って、看護師のTさんに文字の読み取りをやってもらいました。

看護師のTさんは、過去に勤めていた病院でALS患者を看護した経験があるそうで、文字盤の読み取りについては楽勝でした。





3日(水)

<本日の主な予定>
・訪問リハビリ。

最近は話しづらく感じることが随分と増えてきたことから、練習がてら、夜、カミさんに透明文字盤で読み取りをしてもらいました。

うちのカミさん、初体験だったのにもかかわらず、難なく読み取ることができました。

技術の発達に伴い、現在では様々なコミュニケーションツール(意思伝達装置)が開発されておりますが、機器のトラブルや電源の喪失時など不測の事態に備える意味でも、このようなシンプルでアナログな装置に今のうちから慣れておこうと思います。





4日(木)

<本日の主な予定>
・大学病院への通院。
・デイサービス入浴。
訪問看護
・ひらき内科のY医院長による訪問診療。

8:40








フィコンパを服用している関係で、検査とK先生の診察を受けてきました。副作用に関しては、いつもどおり問題ありませんでした。

あっ、本日時点での体重は、衣服と靴を着用した状態で76.2kgでした。

K先生、ありがとうございました。


効きますように。



11:40

大学病院終わりで、カミさんに厚南まで送ってもらいお風呂に入ってきました。





5日(金)

<本日の主な予定>
・訪問リハビリ。
・第3回担当者会議。

担当者会議については、今回から新たにデイサービスこうなんのO氏が加わりました。その他の出席者は、ケアマネジャーのOさんをはじめに、看護師、作業療法士ショートステイ施設の担当者など、ボクとカミさんも含めると総勢10名程度。





6日(土)

<本日の主な予定>
・デイサービス入浴。
訪問看護

20:00

今夜はカミさんの実家で、焼肉(焼きしゃぶ)です。



[

感謝感謝。





いただきまーす。




食後。

あーあ、めっちゃ嫌がってますやんか!

えーッ、そんなことない、って?


いやいや、ハルの表情を見たら明らかですやんか。

ほら、見てくださいよ。

よっぽど、オカンのことがウザかったのか、ソファに退散しちゃいました。



おやすみなさーい。




7日(日)

<本日の主な予定>
訪問看護

20:40

今夜もカミさんの実家で夕飯を頂きます。


今夜の献立は、

1. アジフライ
2. なんかようわからん葉っぱの煮物
3. 麻婆豆腐
4. だし巻き卵
5. たけのこご飯





いただきまーす。