als20170208’s diary

近況と日々の記録。

近況(募集ちゅう〜)。

【 一昨日 】平成30年7月17日(火)


三連休明け。

午前中は山口大学医学部附属病院にてラジカットの点滴治療を受け、午後からは久しぶりに、宇部記念病院でリハビリを受けてきました。

悪天候やカミさんの仕事の都合等が重なってしまい、阿蘇から帰ってきた翌日から3週連続でお休みさせて頂きました。

前回リハビリを受けたのが6月19日(火)なので、約一カ月ぶり。





【 昨日 】平成30年7月18日(水)

@ 山口大学医学部附属病院。

ラジカット点滴、第18クール七日目。

効きますように。



点滴終了後、病院を後にしようとしていたところ、僕と同じ病気に罹っているNTさんにバッタリお会いしたので、互いの現在の病状について少しだけ立ち話しました。

NTさんが営んでいるバイクショップを僕が訪ねて、初めてお会いしたのが、今からちょうど一年前くらいだったでしょうか。

その時も同じようなお話を聞いた記憶があるのですが、NTさん、やはり病気の進行がある時期から現在まで、ほぼ止まっているそうです。

確かに、見た目にもお変わりはなさそうです。

ひょっとして、ALS(筋萎縮性側索硬化症)ではないのでは?

ある時期、主治医の先生も進行が止まっているNTさんの病状が不可解だったようで、再度、筋電図検査を行ったそうです。

すると、筋電図検査の結果は、やはりALSに罹っていることを示していたそうです。

ALSは進行性の病いであると定義されていたはずなので、益々、???状態だそうです。

ですから、現在も診断は確定しておらず〝ALS疑い〟の域を脱していないそうです。

まぁ、不安な気持ちはお有りでしょが、病状が進行していないという事に関しては、不幸中の幸いで何よりです。

NTさん、それでは、また。



帰宅後。


なんか来た。











と言うような訳で、宴会メンバー絶賛募集中 ‼︎





【 本日 】平成30年7月19日(木)


本日は、ラジカットの点滴治療が終わった後、主治医のH先生による診察がありました。


この二週間、特に体調の変化はありません。


あっ、そう言えば一点だけ。

顎(アゴ)の筋力が落ちてきたのかも?
食事の際、以前よりも咀嚼(そしゃく)するのに時間がかかるようになった気がします。飲み込み辛さは全くありませんが、噛む力が少し弱くなってきた感じかな。


あとは以下の点について、諸々、進捗状況の報告や今後の相談等々。


◇ 《 車椅子 》
→ どのような機能のモノがあるのか等々、そろそろリサーチを開始する予定。


◇ 《 介護保険
→ お陰様で、この一年程度の間は一度も利用する機会はありませんでしたが、新たに申請したところ、病状が進行したのでしょうね、前回は〝要支援 1〟だったのが、なんと一気に4階級も特進して〝要介護 3〟になりました。


◇ 《 障害者手帳
→ リハビリでお世話になっている宇部記念病院のT先生に診断書を仕上げて頂き、申請に必要な書類を一式、役所へ提出済み。
現在、結果待ち。


◇ 《 特定疾患医療受給者証 》
→ 主治医のH先生に診断書を整えて頂いた上で、これから更新の手続きを行う予定。



H先生からは、来週、三カ月ぶりに肺機能の検査を行う予定なので、まずは、その結果を見てみましょうとのことでした。

さすがに、現時点ではまだ大丈夫だと思うが、今後、肺の機能が落ちてきた場合には、器具に慣れる意味でも呼吸を補助するためのマスクの導入なども含め、早め早めの対応を考えているとのお話でした。

H先生、ありがとうございました!

道 みち。

2018年3月10日(土)


10:25

IN。


JR新大阪駅から徒歩で5分もあれば着くはずやのに、迷いに迷って、駅の上にある宿泊先のホテルを出発してから40分近くも掛かってしもうたわ。

生まれてから20年以上も大阪で暮らしていた経験がある分際では、単なる言い訳にしかなりませんが、新大阪駅周辺の動線(道 みち)は、高速道路や新御堂筋と言った幹線道路、そして、新幹線をはじめとした鉄道の線路が多数近接している関係で、立体的で複雑ですから、目的地へ向かうに当たっては、初動を間違えてしまうとエライ目に合います。

ちょっとナメてたわ。




あー、皆さんもうお気づきかもしれませんが、僕は重度の方向音痴(ほうこうおんち)です。

そのため、そんな事をする必要性が全くないのにもかかわらず、地図を見るたびに必ずと言っていいほどヤッてしまうんです。


⬇︎コレを。




⬆︎ こんな風に、逆さまにひっくり返したり、現在地の立ち位置に合わせて傾けてみたり。⬇︎




こんな状態ですから、一箇所でも地図から推量したイメージと異なった場面に遭遇してしまった際等には、大事(おおごと)です。

それはそれは、もうテンパりまくって頭の中は完全にパニック(思考停止)です。

結局、この日も自力では『道 みち』へ辿り着くことができず、一旦、駅まで引き返しました。

その道中、挙げ句の果てにはカミさんに逆ギレしてしまい、その様子を電話で聞いていた道端くんが見兼ねたのでしょうか、心配して出発地点のJR新大阪駅まで迎えに来てくれるというような始末でした。


昔、カミさんに言われたことを思い出します。



『 男性で、地図を逆さまにして見ないと理解できないような、鈍臭い(どんくさい)ヒトを、わたしは生まれて初めてみたわ 』


うるさいわ、ボケッ。


たとえ、逆さまにひっくり返して地図を見たとしても、それでも僕には目的地との位置関係を把握できない場合が頻繁にあります。



何故だか、わかります?



僕の言い分からすれば、原因はハッキリしてるんです。



そうです、その通りです。



地図の出来(クオリティ)が悪いんです。



僕のせいじゃないんです。



よく飲食店のサイトなんかでも見かけるじゃないですか、異様に簡略化されたヤツ(地図)。

アレ、ぱっと見は凄く判り易そうに見えますけど、実際にその付近に行ってみたら、なんのこっちゃサッパリわからん、みたいな事がよくあるでしょう?



えっ、そんな事ないですか。



不思議やなぁ、僕なんか、しょっちゅうです。



ん、なんて道端くん?



あー、そうなん。



11:00 から次の患者さんの予約が入っているみたいなので、僕のウダ話に付き合っている時間(暇 ヒマ)はないそうです。


と言う訳で、『道 みち』の地図に関する苦情(クレーム)については、また後日、機会があれば改めて指摘させて頂くことにして、取り急ぎ道端先生に施術を始めてもらいました。

まずは、僕から。

ちゃんと、ヤレよ。

消毒をしたのちに、慣れた手つきで顔面に手際よく鍼(針 はり)を刺していきます。

あー、今回はカミさんのリクエスト(希望)で、小顔効果も期待できると評判の、こちらの⬇︎ コース(美容鍼)を二人共お願いしました。


顔だけであれば、すべての鍼を刺し終えるまでに要する時間は、5分くらいでしょうか。

このままの状態で、暫くの間(15〜20分程度)放置します。



続いて、カミさん。






5分後。




でけた。



おい、カミさん。

こんだけようさん顔面に刺さってるのに、もしも効果がなかったりしたらクーリングオフ制度みたいなヤツとか適用できるんやろうか?


あかん、たとえ効果が無かったとしてもクーリングオフ制度は適用されへんみたいですわ。

美顔効果の程度については、個人差があるんやって。

て言うか、そもそもの話、鍼灸院での治療で効力が発生するような制度ではないらしいです。

施術後。

あれ〜ッ⁉︎

心なしか、少しだけ〝シュッ〟っとした感じがしませんか?

顔のむくみが取れたような気がするな。



向かって⬅︎左側が施術前で、右側➡︎が施術後。

カミさん曰く、大したもんで顔の下半分、アゴの付近から頬っぺたにかけた辺りが、ちゃんとリフトアップされた感じがするそうです。



いやぁ、驚きました。

こういう言い方をすると失礼かもしれませんが、正直なところ、あんまり期待していなかったので良い意味で裏切られたような感じです。

めっちゃ効いてる気がします。

スッキリした!



代金をお支払いしようとしたのですが、受け取ってくれませんでした。

昨夜に続き、ごっつぁんです!

みっちん、ありがとう。




【 ⬇︎ 鍼灸治療院 道 みち HPホームページ 】
http://shinkyu-michi.com/

近況(承認欲求)。

9:30

本日は、昨日から始まった準決勝をLIVEでテレビ観戦したあと2時間ほど仮眠を取り、点滴を受けるために山口大学病院へ行ってきました。

今回のワールドカップに関して、ここまでの結果を振り返ってみると、その昔、とある元サッカー選手から教えてもらったサッカー界では有名な、あの格言を改めて実感しました。

『 サッカーという競技は、強いチームが勝つのではない、勝ったチームが強いんだ 』


ラジカット点滴、第18クール四日目。
効きますように。





なんか来た‼︎








スゴイ、スゴイ藤田くん!



もの凄く後出しジャンケン気味ではあるけれど、決勝戦の対戦カードを当てたから、今度、宇部に遊びに来てくれた際には、焼き肉をご馳走させて頂きますからね!

もうお店も予約してあるからね!



⬆︎ 日本で暮らしていると、なかなかこのように自分で言い切ってしまうヒトを、あまりお見かけする機会がないので面白いですよね。

僕も家の中では、カミさんに向かって藤田くんとよく似た同じような発言をしますが、外では酔っ払ってでもない限り、例え内心では思っていたとしても、よう言えません。






と言う訳で、藤田くんとお知り合いの皆様、
この週末、7月15日(日)に行われる決勝戦で見事フランスが勝利した暁には、彼の承認欲求が満たされますよう、是非是非、お褒め(賞賛)のメッセージ等を送って祝福してあげて下さい。





〝 承認欲求 〟で思い出しましたが、せっかくなので、数年前に観て凄く面白かった記憶が残っている映画を一本ご紹介させて頂きます。

小説に出てきそうな話ですけど実話です。

鑑賞中、ソウルオリンピックのくだりでは、ひょっとしてこれって実話?とは思いましたが、観終えるまでは、てっきり創作作品だと思ってました。

因みに言っておきますと、数ある欲求や願望の中でも、この承認欲求自体は、大なり小なり程度の差はあれど、誰しもが抱いている健全な欲求の内の一つだそうです。

もちろん僕の中にも、これが明確に存在していることを強く実感しています。





あっ、なんか来た!


ひちご屋⑤。

2018年3月9日(金)


夜。


あれ〜ッ。


あちらのお客さん、見覚えあるなぁ。




うわぁー、お久しぶりです!



甲南大学アメリカンフットボール部で僕達の先輩であるタッケンさんと、一学年後輩の北詰くんが来店されました。

お仕事の関係で先ほどまで別の場所で会食していたそうで、ひちご屋は二軒目だそうです。

奥にいらっしゃる女性は、北詰くんが代表を務めている企業で、彼の秘書業務を担当されている方だそうです。



そうですよ、ぜんぜん変わってないでしょ。


あの、ガッちゃんですよ。


タッケンさんが四回生の時の一回生マネージャーです。

ガッちゃん(堀江)と道端くんの僕たち三人は、RED GANG '96年卒業の同期です。





向かって左側がタッケンさんで、右側はお馴染みの北詰くん。

タッケンさんとお会いするのは数年ぶりでしたが、北詰くんとはひと月くらい前に東京で開催されたハドルボウルでも会い、お世話になりました。




通称 タッケンさん。
日本を代表するスーパーゼネコンに勤務。

僕が一回生の時の四回生で、現役時代のポジションは、WR(ワイドレシーバー)。

タッケンさん、あ〜ん。

後輩の北詰くんが先輩のタッケンさんに、ひちご屋の名物料理である〝チーズ爆弾〟をあ〜んしてあげているみたいです。


⁉︎

う◯こ?
ち◯こ?


ち◯こ、だそうです。



何がキッカケなのかさっぱり分かりませんが。

なにやら、タッケンさんとひちご屋店主のザクラさんとの間で儀式(ぎしき)のようなものが始まったみたいです。

巷で、〝暴力焼き鳥屋〟と呼ばれている所以(ゆえん)でしょうか。それとも、求愛行動の一種のようなものなのでしょうか。

破壊力抜群の腕力を駆使して、タッケンさんを後ろから羽交い締めに抱きしめているのが、ひちご屋店主のザクラさん。

タッケンさんの一年後輩に当たります。

職場等で、気に入ったコを突然抱きしめてみたり、あのコは脚が太いとか腕が細いとか等と、人様の身体的な特徴についてあれこれ言うと、相手側の受け止め方によっては大問題になってしまいますが、僕は言わずにはいられません。

↑ 遠近法による効果が多少あるとは言え、コレは絶対にオカシイ。腕が太すぎます。

↑ 僕の手のひらのサイズは、22cm程度と決して大きくはありませんが、それにしても、ザクラさんのこの拳(こぶし)のサイズ感は絶対にオカシイ。

あまり言い過ぎるとえらい目に合わさるので、この辺でやめておきます。

病気のお陰でしょうか、立派な二の腕でザクラさんがあ〜んして下さいました。



堀江に道端くん、今夜はご馳走様でした。
ザクラさん、美味しい焼き鳥をありがとうございました。



堀江は神戸方面なので、JR西宮駅でお別れしました。我々三人は、最寄りが新大阪なので終電に近い電車で一緒に帰りました。

そう言えば、僕はまだ一度も道端くんの鍼灸院へ行ったことがないので、明朝、ちゃんと起きれたら、お邪魔させて頂くことにしました。

僕のこれまでの経験上、朝目覚めたら、きっと面倒臭くなって行かないような気がします。

近況(平成30年7月5日)。



本日は、主治医のH先生による定期的な診察を受けるために、午後から大学病院へ行ってきました。

益々、歩き難くなってきたことを報告したところ、脚の力の入り具合を確認して頂きました。

脚の筋力自体はさほど低下していないが、以前から症状としてあった脚の突っ張り感が強くなってきており、そのため脚をスムーズに動かし辛くなってきているみたいです。

あと、最近気になっていた症状を一点報告。

ここ一週間ほどは全く感じなかったのですが、二週間ほど前まで口の中の唾液を飲み込む際に、喉ちんこの付け根付近がキュゥッと締め付けられるような感覚が2〜3日続いた事があったこと。ただし、食事の際やドリンク等を飲み込む際の飲み込み辛さはありません。

これに関しても喉の周辺を診て頂いたところ、現状、萎縮(いしゅく)などの見た目で確認できるような変化はありませんでした。


H先生、ありがとうございました!

来週月曜日、7月9日(僕の誕生日)からラジカット点滴の第18クール目が始まる予定です。




更新が随分と滞っておりましたので、この一週間を簡単に振り返ってみたいと思います。


6月28日(木)



ペランパネル(商品名 : フィコンパ)の治験に参加している関係で、四週ごとに行われる担当の神経内科医K先生による診察を受けるために大学病院に行ってきました。





血液検査と尿検査の結果については、まったくノープロブレム(問題ナシ)でした。

K先生、有難うございました。

次回の診察は、7月24日(火)。
4月以来の三ヶ月ぶりとなる肺機能の検査が行われる予定です。




【 ↓ 記事リンク↓ 】
https://yamaguchi.keizai.biz/headline/3101/

都心部で生活されている方々からすると今更感が半端ないと思われるかもしれませんが、僕のような地方在住者からすると、ビッグニュースです。

早速、張り切って病院での用事が一通り済んだあと、カミさんと二人で行ってきました。

14時半頃に訪れたのですが、見通しが甘かったみたいです。

オープン初日ということで店内は満席の上、10名以上のお客さんが待っていました。

わざわざ並んで待つのも僕の性に合わないので、改めて出直すことにしました。一週間も経てば、落ち着くような気がします。




7月1日(日)


午後。

わずか一時間程度の滞在でしたが、実オカンが徳島県からカミさんの実家にやって来ました。

会うのは丁度一年ぶり。昨年、病名が確定した旨を報告しに行ったとき以来。



帰り際、僕のことを様々な形で支えて下さっている皆様方に対して、ホンマに感謝するようにと強く言われました。




7月3日(火)


夕刻。

高校時代からの友人である増谷くんが、奥様と共に大量に買い込んだ大阪土産を持って、遥々(はるばる)、山口県まで遊びにきてくれました。

台風7号が接近しているにもかかわらず、遠いところをすみませんでした。

増谷くんとは、浪速高校アメリカンフットボール部の同期で、奥様とも僕が高校生の頃からの知り合いです。


増谷くんと奥様(みしろ)、先日は楽しかったわ、ありがとう!

優勝は、ズバリ。



決勝トーナメントへの進出チームが出揃いましたので、僕の願望も込めて、勝手に優勝チームを予想させて頂きました。


優勝は、ズバリ ⬇︎⬇︎⬇︎ 。



ベルギーが初優勝すると予想します。


予選ラウンドを通じてベルギー代表のゲームを眺めていると、スナイデル、ファンベルシー、ロッベン等を擁して、2大会前の2010南アフリカ大会で準優勝した当時のオランダ代表を彷彿とさせるような超攻撃型のチームカラーが、僕的には非常に魅力的に映りました。

注目は、破壊力抜群の以下のFW三選手。

3トップを形成し、体格の違いを見比べて頂いても分かるように、同じポジションなのにもかかわらず、全く異なったプレイスタイルから変化を生み出すのが特徴的で、それぞれの選手がその体格を生かした決定的な働きをします。






近況(あそ)。


平成30年6月24日(日)〜 25日(月)。


旅行と言うほどの大層なものではないような気もするのですが、梅雨の晴れ間を縫ってドライブがてら、ハルも連れて一泊二日の日程で九州は熊本県阿蘇(あそ)に行ってきました。







ハルにとっては久しぶりの水浴び。

泳ぎが得意の彼にとっては、少し物足りない環境だったかもしれません。



こちらは、ブルドッグのテルちゃん。
一才の女の子。

飼い主さんによると泳ぐのが苦手だそうです。


この後、ドッグランを走り回っていた彼が、はしゃぎ過ぎて興奮してしまったのか、何の前触れもなく、突然、僕に対してタックルを食らわせるというアクシデントが発生しました。

アメフト用語で言うところの、いわゆる〝アオテン〟というやつです。

天を仰ぐように、仰向けに吹っ飛ばされてしまった僕は、後頭部を強打しましたが、幸い地面が芝生だったため大事には至りませんでした。

彼も反省しているようなので、今回は許してあげることにしました。




久しぶりに長時間に渡って直射日光を浴びたのと、愛犬から悪質タックルを食らうという思わぬアクシデントもあり、疲れてしまったので、僕は少しだけ昼寝させて頂くことにしました。


彼も便乗しようとしたようですが、僕と二人で寝るには狭すぎたのでしょうか、カミさんのベッドを独り占めして昼寝を始めました。

爆睡中。



お湯加減を確認中。

半露天の内風呂にも源泉が引き込まれております。

僕好みのぬるま湯で、ちょうどエエ感じみたいです。

入浴中。



夕食の準備が整ったみたいです。

かんぱーい。


頂きます。



うわぁ、僕もそっちの方がエエなぁ。

トレード(交換)しようか。



ご馳走様でした。


僕はハルにお造りを二切れもあげたのに、結局、彼はステーキを一切れもくれへんかった。





日本時間、6月24日の深夜未明。

残念やったなぁ、勝てるゲームやったのにな。この結果が、吉とでるか凶とでるか。




ドッグファーストをコンセプトに掲げたこちらの温泉旅館で過ごした二日間の様子の詳報については、また、改めてお伝えさせて頂こうと思います。

今回はカミさんの発案で、僕の脚が動いているうちにハルを連れて旅行に行こうという事で以前から計画していたのですが、梅雨のど真ん中ということもあり天気だけが心配でした。

一週間くらい前から、日々、熊本県の週間天気予報を注視しておりました。

二日前まではずっと雨予報だったのでキャンセルすることも考えましたが、カミさんの独断で強行して正解でした。

道中、些細な段取りの悪さに僕がキレてしまい、カミさんに対してネチネチとしつこく暴言を吐いてしまうというアクシデント??も発生しましたが、、、

お天道様とカミさんに、感謝感謝です。




で、本日6月26日(火)は週に一度のリハビリを受ける予定だったのですが、お休みさせて頂きました。

昨日までの天気とは一転、朝方から激しく雨が降り出したため、足元が不安だったことと併せて、丸々12時間以上も睡眠したのにもかかわらず、遊び過ぎた反動で疲れが出てしまったのか、朝目覚めたら全身が全くと言っていいほど思うように動きませんでした。

これまでも遠出する度に同じような状態になりましたから、数日経てばある程度までは回復するような気がします。