als20170208’s diary

近況と日々の記録。

パワー・オフ・タックル。

11月7日(火)。


17:50

これから後輩と夕食に行ってきます。




到着。



おーーッ!


久しぶりやな!



ぜんぜん変わってへんやんかぁ!



大学時代の後輩が様子を見に来てくれました。


IN。



着席。




紹介します。

通称 あかし(赤司)くん。

甲南大学の一学年後輩。
アメリカンフットボール部でポジションは僕と同じRB(ランニングバック)。

広島県在住。

奥様 & お嬢さん二人 & 息子さんが一人の五人家族。

本日は、宇部市の則貞(のりさだ)でちょうど良い具合に仕事の予定が入ったそうで、仕事終わりに会いにきてくれたみたいです。



卒業以来やから、もう20年以上経つな。


えっ、赤司くんはずっと広島なん?


あー、そうかいなぁ。



僕はね、前の会社を辞めてから、カミさんの実家があるココ(宇部)に移ってきて、この秋でもう六年経つなぁ。




おっ、きたきた。


ほな、乾杯しよかぁ。



カンパーイ!




赤司くんは大学卒業後、内装関連の企業に就職し、それ以来ずっと広島県で暮らしているそうです。



現在は独立し、広島を拠点に内装業の職人として活躍中。


主に、床の施工を請け負っているとのこと。



あー、それで則貞(のりさだ)で仕事してたんやなぁ。



* 則貞とは、宇部市の地名で常盤公園や宇部空港に近いエリアです。



今日は、国道190号沿いにある美容院の床材の張り付け?やったか、張替え?の仕事を夕方までしていたそうです。



ほな、お腹空いたやろう、お肉食べや。



赤司くん、ハイボールばっかりやん。


もっと、お肉食べぇや。



この後、ラーメンも食べに行かなあかんのにそんな少食で大丈夫かいな。



分かる分かる、僕も脂身の多いお肉は、あんまり好きやないねん。


いやぁ、年齢的というよりも昔から赤身部分が多いお肉の方が好きやな。



あぁ、そうやったんやぁ。



もう10年以上も前の話だそうですが、赤司くんが独立する前、会社に勤めていた頃は一時期宇部で頻繁に仕事していたそうです。



おー、その支店良く行くでぇ、知ってる知ってる。



宇部にお住まいの方は良くご存知かと思いますが、山口銀行の宇部支店や宇部フロンティア大学の施工に携わっていたそうです。



宇部フロンティアなんか直ぐそこやんか。




えー、なんて?



なんの話やねん。



赤司くん、現役当時パワーオフタックルが大嫌いやったんですって。



そんなもん、UB(アップバック)やってた連中は皆んな大嫌いやろう、あのプレーは。



僕の同期の町田くんなんか、そのプレーがコールされたらハドルの中で首振りながら舌打ちしとったで。



いやぁ、ほんまそれぐらいアカン感じのネガティヴな雰囲気が伝わってきたがな。


マロくんは、そんなことなかったけど。



簡単に説明させて頂くと、パワー・オフ・タックルとは甲南大学で我々が現役当時に採用していたオフェンス(攻撃)チームのランニングプレーの一種で、そのコールサイン(プレーの名称)です。

このプレーを成功させるためには重要なブロックがいくつかあるのですが、その中で最も重要なのが、攻撃側のUB(アップバック)が守備側のDE(ディフェンスエンド)をブロックするというもの。

一般的に、この攻撃側のUBよりも守備側のDEの方が体格が良く(体重も重い)、また、アタリ(ぶつかり *相撲の立ち合いみたいなやつ)も強い選手が多いんです。

このパワー・・・というネーミングからすると矛盾を感じるかもしれませんが、それはこの守備側のDEの一つ内側にセットしているDT(ディフェンスタックル)を攻撃側のG(ガード)とT(タックル)が二人掛かりでブロックすることを指しています。

このように攻撃側の選手が守備側の選手一人に対して二人掛かりでブロックすることを、アメフト用語ではダブルチームといいます。

何故、赤司くんがパワーオフタックルを大嫌いかと言うと、このダブルチームのしわ寄せが、UBにのし掛かってくるからです。

所謂(いわゆる)ミスマッチというやつです。

冒頭、赤司くんと僕は同じRB(ランニングバック)というポジションだと説明しましが、このRBの中でも更に細分類されており赤司くんはUB(アップバック)で、僕はTB(テイルバック)。

その役割を簡単に言うと、赤司くんがブロックをする係で、僕はボールを持って走る係。

このパワー・オフ・タックルというプレーは、まず守備側の第一線にいるDTとDEに対するブロックが完成し、それによりできた走路をTBが駆け上がることが出来るか否かに、その成否が掛かっています。

ですから、UBの赤司くんがDEに対するブロックを失敗(しくじ)った場合には、TBの僕が悲惨な目にあうという訳です。



思い出したわ、だんだん腹立ってきたわ。

独身証明書。

11月7日(火)。


8:50




ラジカット点滴、第9クール、6日目。



効きますように。





点滴終了。


きたきた。


本日からカミさんが送迎を担当。

カミさん到着。





11:30


恩田の交差付近にあるお蕎麦屋さんへ。





どういう意味?



まだ、11時半やん。


あー、今日火曜日かぁ、定休日やな。





11:40


うどん屋さんに変更。


僕は、↓ コレ。




きたきた。






カミさんは、↓ ソレ何頼んだん?

Open!




親子丼セット。




ではでは、




頂きます。







一旦、帰宅後。


12:55

あー、次の信号真っ直ぐ行って。





そのバス停の手前で降りるわ。


宇部記念病院へ、リハビリに行ってきた。

2Fへ。

リハビリの後、続いて1Fで診察。


終了しました。






14:15

IN。



??



市役所の窓口で不思議な貼り紙を見つけました。



へぇー、こんな情報提供サービスがあるんやぁ、知らんかったなぁ。





パスポートの有効期間が今年の三月でとっくに切れていましたので、新たに申請に行ってきました。









夕方。



なんか来た!







夫婦円満。

11月6日(月)。


16:20

鵜の島(うのしま)から南浜町へ向かう通り沿い。


カミさんの運転で無事に帰宅後、証明写真を撮りに行ってきた。


IN。




無事、撮影終了。



店員さんから美肌効果のある "プレミアム仕上げ" をお勧めされました。


あーー、・・・。


今日のところは "スタンダード仕上げ" でお願いしました。





16:40


続いて、自宅近くの定食屋さんに行ってきた。


IN。




アカン、めっちゃお腹空いたわ。


今日は、まだ一食も食べてへん。



中途半端な時間やから、恐らくこれが今日最初で最後の食事になるなぁ。


僕は、↑ コレいっときます。



カミさんは、↓ コレ。




⁉︎






なんか来た!








きたきた。






ではでは、






いただきまーす!







⁉︎





また来た!








覚悟しとけよ!






ごちそうさまでした。



夫婦円満

" 円滑な交通の妨げ "

11月6日(月)。


14:45


ちゃんと前見ときやぁ、ほらぁ信号変わるで。






もっとアクセル踏まなぁっ!



車の運転というのは、ゆっくり走ったらええって言うもんちゃうんやでぇ、なぁ、カミさん。

それは、ただの " 円滑(えんかつ)な交通の妨(さまた)げ " でしかないからね。


制限速度を守るのは当たり前やでぇ。


教習所でも同じこと言われたやろう?



それにしても周りに車が全然おらんなぁ。


この状況やったらカミさんのノロノロ運転でも妨げにはならんなぁ。



農地のド真ん中を電車が・・・。


この辺りでは一両編成も珍しくはありません。


まぁ、どちらかと言えば、この二両編成のタイプが標準的かなぁ。



長閑(のどか)やのぉ。



普通自動車運転免許(AT車限定)。

11月6日(月)。


14:30


カミさんを迎えに小郡交通センターに行ってきた。


IN。






おかげさまで、カミさん無事に免許を取得しました。





これから宇部に戻ります。







運転免許取得後、一年間は初心者マークを車に付ける必要があります。



前部と後部にそれぞれ一枚ずつ。


たくさん付けるのは、問題ないんかなぁ?

初心者マーク一杯付けて目立ってたら、周囲の車が避(よ)けてくれそうでしょう。




通称 下手クソ棒。





ではでは、


出発しまーす。



筋電図検査。

11月6日(月)。


7:30

カミさん、これから小郡(おごおり)の交通センターへ。




8:45

オカンに送ってもらいました。






ラジカット点滴、第9クール、五日目。


効きますように。





点滴終了。




あーーッ!



お久しぶりです。





僕と同じ病気(als)のNTさんにバッタリお会いしました。


そう言えば、前回NTさんのバイクショップにお邪魔させて頂いた時に症状のことなどについて色々お話を伺いましたが、やはり肩の痛みが酷そうです。



僕も肩から症状が出始めたので良くわかりますが、肩の筋肉が痩せ細ってくるため次第に自分の腕の重みを支えきれなくなるんです。

NTさんの場合、このような状態が長期間に渡っていることから肩の腱が断裂等の損傷している可能性が高く痛みが激しいみたいです。

そのため、ALSの診察の他に痛み止めの注射を打ってもらうため定期的に山大病院に訪れているそうです。



本日は、改めて筋電図検査を受けるために来院した、とのことでした。

NTさんは、ある時期から進行が止まっているというか症状が安定しているため、未だに「99.9パーセントALSだろう」という診断で、あくまでも疑いの域を脱していないそうです。

そのための苦悩もあるようです。

もしもALSではなかった場合、一体何の病気なのか。

異なる病気であった場合、何か他に治療法があるのではないか。



NTさん、それでは。

また、バイクショップの方にお邪魔します。




どっちの方(ほう)の筋電図するんやろかぁ。


たぶん両方するんやろなぁ。


針の方は、なかなか刺激的で強烈やからなぁ。



思い出すなぁ。



喉元というか、下アゴの辺りから舌の筋肉まで針を突き刺されて電気流されるやつ。


あれは衝撃的やったなぁ。

サンデーセット。

11月5日(日)。


19:20

夕食に行ってきた。

IN。


メニュー。


決まりました。





きたきた。




僕は、

担々麺。



カミさんは、

サンデーセット。





頂きます。









なんか来た!