als20170208’s diary

近況と日々の記録。

とがわ ともしげ。

とがわ君から頂いた日本酒が、登場。

"古都(こと)"

京都洛中(らくちゅう)に現存する唯一の蔵元、佐々木酒造のお酒。辛口。

行儀悪いな、ハル。


オトンが、古都を気に入ったみたい。

僕は、運転があるからね。

とがわ君の勢いが、一向におさまらない。


要約すると、


① 仕事について

養鶏農家に転身して、約一年。

日々、やらなければならない仕事は、たくさんあるが、今、頭の中にあるのは来年を見据えた今後の動き。

現状、毎日3,000個の"たまご"をニワトリさんが産んでくれており、契約上、年内はお客様がいるので、ほぼ、ロスなく消化できている、みたい。

しかし、現生産量の半分、1,500個分についての買取契約が年内で満了するため、来年以降の販路についての、新規開拓&確立に向けて、今後、どのようなアプローチの仕方が最善か、思案中らしい、です。



② 結婚について

早く結婚したいらしい。

わざわざ、山口県までやって来て、僕の義理のオトン&オカンにまで「誰か、いい人いませんか?」って、縁談の斡旋(あっせん)をお願いしていた。

とがわ君の周囲には、ニワトリさんしか居ないから、結婚については切迫(せっぱく)した問題みたいです。








せっかくなので、彼のプロフィールについて、詳細をお伝えしておきます。


とがわ ともしげ

株式会社サムシング・ニュー 代表


〈生まれ〉
昭和40年代後半の7月2日に京都で生まれ、名古屋で育った。


〈趣味〉
趣味は、華道(未生流)& 茶道(裏千家)。


〈学歴〉
社会に出てから、地元、京都の大学院へ進学し、就労しながら経営学を学び、MBAを取得。


〈職歴〉
新卒で入社した大手証券会社では、リテール営業に従事。

その後、IPO(株式公開)を目指す上場準備企業数社において、経営企画等を担当。

これらの経験を活かし、経営コンサルタントとして独立する。

この当時のクライアントである養鶏農家の、"平飼い養鶏" に、将来性を見い出し、昨年、2016年4月より養鶏農家に転身し、現在に至る。


〈ビジョン〉
京都の美山で、現在一緒に養鶏をおこなっている共同事業者が、この度、別エリアにおいて養鶏場を新設移転するのに伴い、この6月から独立し、養鶏事業をリスタートする予定。

1次産業に留まらず、将来的には6次産業化までを見据えたビジョンを持ち、"循環型農業"に取り組む予定。

併せて、京都・美山(みやま)を現状の観光地としてのみではなく、新たな魅力を発信し、さらなるブランド化に努め、自身が営んでいる養鶏事業との相乗効果を図っていく。



疲れたわ、とがわ君。


こんな感じで、エエか?




無理(むり)無理(ムリ)。



養鶏の "マニュアル" らしい。


なんで僕が、こんなモン読まなアカンねん。



アホか!



ぜんぜん興味ないわ!



早よ、京都帰れ!





記念撮影。


皆さま、どうか、お仕事についてのアドバイスや、良い縁談等ございましたら、僕の後輩、とがわ君への御支援・御協力を、何卒、宜しくお願い申し上げます。