LIVE UP 2020

~ als20170208’s diary ~ 近況と日々の記録。

コロンビア自殺評価スケール。

2018年2月15日(木)


13:30

本日は、主治医のH先生による定期的な通常の診察とK先生による治験(フィコンパ)のための診察を受けるために、大学病院に行ってきました。


IN。






まずはK先生による診察。


治験薬の服用が始まってから一週間が経過しましたが、副作用等の異変は特にありません。


〝 コロンビア自殺評価スケール 〟

ひょっとしたらアンケート評価のタイトルが間違えているかもしれませんが、〝 自殺 〟に関するヒアリングのようなものが、今後、治験が終了するまでの間、診察のたびに毎回行われるとのことです。


● Q. この一週間のあいだに自殺しようと考えたことはありますか?

→ A. いいえ、ありません。


● Q. 夜寝る前に、二度と朝が来なければいいのにと思ったことはありますか?

→ A. いいえ、ありません。


● Q. この一週間のあいだに自身の体を傷つけるなど、自傷行為をしたことはありますか?もしくは、そのようなことを考えたことはありますか?

→ A. いいえ、何れもございません。


などなど、こんな感じの質問をいくつか受けました。

フィコンパの副作用でうつ(鬱)症状のようなものがあるのか?もしくは、過去にフィコンパを服用したてんかん(癲癇)患者が自殺を図ったことがあるからなのか? それとも、ALS患者にうつ病等の精神疾患を併発するケースが多いからなのか?

一度、K先生から説明を受けたのですが、理由は忘れてしまいました。

フィコンパの治験に参加するに当たっては、このようなヒアリングを毎回実施することが決まりになっているようです。


お次は、主治医のH先生による診察です。

呼ばれました。



本日、自宅で計測したところ、体重は75.8kgでした。

一週間前、先週の木曜日に治験用で行なっているので、今週は血液検査を省略。

先週行なった血液検査の結果によると、ラジカットによる副作用らしきものは見当たらなかったので、予定通り来週月曜日からラジカット治療の第13クール目を行なうことになりました。


H先生有難うございました、失礼します。


お薬を頂いて帰ります。

効きますように。