LIVE UP 2020

~ als20170208’s diary ~ 近況と日々の記録。

旧知のN先生。

f:id:als20170208:20200609120501j:plain

 

早いときは朝の8時前から、遅いときは夜の10時を過ぎても普通に病棟をウロウロしてはる。

 

ほんま、よう働きますわ。

 

昨夜、旧知のN先生を病室の前でお見かけしたので、ご挨拶。

 

f:id:als20170208:20200609065615j:plain

 

 立派になられました。

 

f:id:als20170208:20200609123351j:plain

 

こちらは今から3年前の2017年2月、ボクが検査入院してた時のもの。

当時はまだ、山口大学医学部の学生さんで、進路を決めかねているような話を聞いた記憶がありますが、脳神経内科医の道を選択したようです。

不治の病(als)であると診断されて間もない頃、連日、ボクの病室に顔を出してくれ気遣ってくれたことを今でも覚えています。そう言えば、ラジカットの点滴について迷っていた時、データを示して「ふくしまさん、治療を受けるなら早く始めたほうが効果が見込めますよ」と、後押ししてくれたのも当時のN先生でした。

それが、今回、緊急搬送され三年ぶりの再会。

あの日の夜、病室で思わず「おーッ、あの時のNくんやんか!」って予期せぬ再会に感激しました。

 

N先生、ありがとうね!